パソコンを使っている男性

画面が映らない

windowsが起動しないで、音だけ出る場合があります。その場合、画面は真っ暗なので、何も操作をすることができません。原因は画面にあるので、画面の直し方を詳しく紹介します。

マザーボード

マザーボードが原因でwindowsが起動しないとき、「「CMOS Checksum BAD」と表示されることがあります。このようなエラーメッセージが出た場合の対処法をこのページで紹介します。

無料で相談

windowsが起動しないとき、自分で解決することもできますが、できないこともあります。そんな時に役立つサービスがパソコントラブル解決の業者です。無料で相談できる場所も多いので、探してみましょう。

最初のチェック

パソコンが上手く起動しない、またはwindowsが上手く起動しない場合、まず疑うのはケーブルです。
パソコンの背面を見るとわかることですが、一台のパソコンを動かすためにいくつものケーブルがパソコン本体に差し込まれています。
これらのケーブルが上手く差し込まれていない場合や、劣化によってケーブルが不具合を起こしていることもあります。
その場合、windowsが起動しない原因となっていることもよくあるので、まずはケーブルをチェックしてみましょう。
これだけで、案外解決することも多いので、ケーブルの見直しはとても重要です。

パソコンのケーブルが問題なくてもwindowsが上手く起動しないこともあります。
その場合、チェックするのは症状です。
パソコンのトラブルは様々な症状があり、それぞれ解決法が用意されているので、その症状をしっかりチェックすることで簡単に解決できます。
よくある症状は、電源ランプが点灯しないことです。
その場合、パソコン本体の電源がおかしいのか、リモコンの電池がないのか確認してみましょう。
このチェックがとても重要です。

windowsが起動しない場合、エラーメッセージが表示されます。
最近は日本語で表示されるようになってきたので解決の方法も簡単にわかりますが、それでもまだ英語で表示される画面もあります。
その場合、翻訳してエラーメッセージを把握する必要があります。
どんなエラーなのかを知ることで、解決へのヒントが見つかります。
一般的に多いのが、ハードディスクのエラーです。
その場合、ハードディスクはdiscと表示されることが多いので、読み方だけを知っているだけでもどこのエラーなのか知ることができます。